トップ

法人カードで経営効率化とは

会社を経営している人の中には、法人カードの導入を検討している人もいるかと思います。また、既に法人カードを使っている人も多いでしょう。法人カードは上手に使うことで、経営効率化を図ることができて、業務の手間を軽減することが可能です。細かい経理処理をするため残業が多い会社でも、法人カードを導入することで経理担当者の残業がなくなることもあります。では詳しく見ていきましょう。法人カードのことならこのサイトで情報を得ましょう。

小さい会社の場合には、会社の消耗品などを個人のお金で立て替えて購入することが多いでしょう。その場合、レシートや領収書などをもらってきて、立て替えてもらったお金を従業員に返すことになります。現金を数えてチェックする必要があり、処理が面倒です。毎回のこととなると、トータルでかなりの時間をロスしていることになります。

法人カードで消耗品の代金を決済すれば、会社名義の銀行口座から直接引き落とされます。従業員個人が立て替えることがないため、面倒な処理はいりません。全ての経費を法人カードで支払えば、経費の流れも容易に把握できるでしょう。カードによっては、明細のデータをそのまま会計ソフトに移せるため、仕訳データを入力する手間も省くことができます。

役員や代表者が個人のクレジットカードで、消耗品を購入することもあるでしょう。その際の処理も大変です。買ったものによっては、税務調査で個人の買い物なのではないかと疑われてしまう可能性もあるでしょう。個人的な買い物のついでに会社の消耗品を買った場合などは、後から区別が付かなくなってしまうこともあります。

その点、最初から法人カードで決済してれば、明確に個人の買い物と区別可能です。決済手段が異なるため、個人の出費と会社の経費が曖昧になってしまうことはないでしょう。

Copyright © 法人カードで経営効率化. All rights reserved.